おきなわ[]


帰りの飛行機は行きの飛行機よりも短く感じた。
行きの飛行機は先に着いているみんなが楽しそうに飲み食いしているのをSNSで見て置いてけぼりみたいな気持ちになって到着時間ばかり気にしていた。
3泊4日沖縄にいて毎日酒を飲んだ。
普段なかなか飲めない先輩や、最近やっと打ち解けた同世代たちと贅沢なほどにゆっくり飲めて、ずっとこの人たちとこのまま仲良しでいたい、と思った。
先輩の顔を見ながら、本人はもうきっと覚えていないような些細なわたしの失態を思い出してごめんなさい、と思ったり、同期の顔を見ながら、仲良くなった経緯を一生懸命思い出したりした。
最終日の朝はゲロと添い寝をしながら起きた。
前に、別れた恋人と同居を続けている男の家に行った時に、ダイニングテーブルにCHANELのルージュココグロスが無造作に置いてあった。夏に合いそうな眩しいオレンジ色だった。男がパスタを作っている間にそのグロスをじっと見て元カノがどんな人かを想像してみた。きっと身だしなみに気を使って流行りもおさえられる綺麗な人だ。
パスタを作り終えてダイニングテーブルに座った彼に期待を込めて元カノかわいい?と聞くと、少し悩んで「可愛くはないな。」と答えた。
それは照れ隠しなのか気を使ったのか分からないけど、期待外れの返答にわたしはがっかりだった。可愛くあってほしかった。
それとこれとは関係なく那覇空港の免税店でわたしはCHANELのルージュココグロスを買った。
本当は沖縄を満喫してる余裕なんて無いほどにやらなきゃいけないことが腐るほどにあるけど、何とかなるような気がしている。


(コメント:4件)
←前|次→
[コメント一覧]
[セコメントする]

[←戻る]