‐【除霊魔除け法】‐


【自分で出来る除霊】

自分で自分を除霊することはあまりお勧めできませんが、以下のようなことがいいとされています。

【1】裸になり、粗塩を顔からつま先にかけて「南無妙法連華経」と、真言を唱えながら上から下に向けて擦り降ろしていく。

終わったら真水(少しでもお湯で温めては駄目)で流し落とす。

この後、お風呂など湯に入って温まると効果が消えてしまいます。

この除霊をする場合は、まずお風呂に入って体など洗ってから行うのが良いでしょう。

【2】粗塩を服の上から振りかける方法もあるが、効力は【1】より劣る。

しかし、どこでも出来るという利点はある。

【3】「これは私の体だ!あなたに用はない!してやることもない!出てけ!!」と声に出しても良いし、心の中でも良いから怒鳴る。

ただし、効力は【2】より少し落ちる。

【4】“知っている人の生き霊が憑いたな”と感じたら、その相手に会った時に、心の中で「返すよ」と言いながら相手の体をどこでも良いから触るとよいでしょう。



【自分で出来る魔除け】

ここで紹介するのは「正しくやれば自分でも出来る浄霊の方法」です。

これらは程度の低い霊にしか効果の期待はできません。

あくまでも素人でも出来る程度のものですから、応急処置と言えるでしょう。

ただし、除霊法の【1】はきちんと毎日行えば効果は期待出来ますし、自分の気を高める修行にもなります。

そうすれば、自ら霊を跳ね除ける強さも上がります。

ほんの僅かですが…。

あくまでも浄霊ですので、とりあえず自分の肉体から霊を除ける、抜くだけのものです。

その霊がまた来ると言うことは、十分あり得ますので、注意して下さい。


【1】家で霊的なものを感じたら、感じた場所にコップ1杯で良いので水を置いておく。

【2】寝る前にコップ1杯の水を枕元の近くに置く。

【3】塗香(粉状の香)を頭から肩にかけて、さらに心臓のあたりにつける。

【4】紙に「鬼」と書いて持って出かける。

【5】イヤな気配を感じた場所に煮干しを置いておく。



©怖の館 - 管理人:MASATO


[←戻る]